Keso de Bola とは、 「表面は赤いのに中は黄色い」フィリピンのボール型チーズ。転じて日和見主義者。       かつてお世話になった、現地の言葉で「灯台」と呼ばれるマニラ湾岸のスラムを、ガラス越しに。
管理人sagingより
ホームページ:日和見バナナ

ご連絡はsaging[at]46ch.netまで
以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Jesse Robredo氏を偲んで
 Facebookにも書きましたが、こちらにも。

 飛行機事故で急逝したフィリピンの内務地方自治長官Jesse Robredo氏について、彼にもっとも近かった日本人であるとともに、おそらくは彼にもっとも近かった政治学者である、アジア経済研究所の川中豪先生が、追悼の文章を書かれています。

ジェシー・ロブレド内務自治長官(フィリピン)の急逝
http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Region/Asia/Radar/201208_kawanaka.html

 ネット上で読めるフィリピンメディアの報道ぶり、そしてFacebookでの友人たちの言葉を追い続け、信じられない気持ちと喪失感に浸っていた数日間でしたが、川中先生の文章を読むと、「私たちは何を失ったのか」という意味でのリアルな喪失感をさらに感じ、あらためて悲しみがこみあげてきます。
[PR]
by saging | 2012-08-22 23:19 | フィリピン研究