「ほっ」と。キャンペーン

Keso de Bola とは、 「表面は赤いのに中は黄色い」フィリピンのボール型チーズ。転じて日和見主義者。       かつてお世話になった、現地の言葉で「灯台」と呼ばれるマニラ湾岸のスラムを、ガラス越しに。
管理人sagingより
ホームページ:日和見バナナ

ご連絡はsaging[at]46ch.netまで
以前の記事
検索
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 明日から3日間、フェローシップのオリエンテーション&ワークショップのため、日本に戻ります。日本の冬は実に3年ぶりなので、10度以下の気温に耐えられるのかどうか本当に心配ですが、新しい人たちとの出会いを楽しみにしています。

 先日、私が年末にお世話になった、そして今年8月以降お世話になるバンコクの都市貧困支援団体(居住者運動団体といったほうが適切かもしれません)のP財団のスタッフの方々が、マニラに来られていました。昨年12月に私がバンコクでP財団を訪問させていただいたとき、
 「近いうちに、フィリピンのNGOで働く知人を頼ってマニラに行こうと思っている」
と聞かされ、フィリピンのNGOといってもたくさんあるし、どこだろう、と思ったところ、フィリピンに戻って2週間後、私が留学中からとてもお世話になっているCというフィリピンのNGOの旧知のスタッフから、
 「来月、バンコクから友達が来るのよ。良かったら一緒に会わない?」
ときかされました。そう、その友達というのが、P財団のスタッフだったのでした。世界、狭すぎ!
 さらに、そのスタッフの配偶者は、私と同じフェローシップ・プログラムで数年前にフィリピンと日本のホームレスの研究をしたというタイ人研究者で、都市貧困運動のリーダーであった有名な活動家であったこと、彼らの同僚と私は2年前にマニラで会っていたことが判明。そう、2年前の3月、彼らが東南アジアの都市貧困層の組織化に関する会議に出席するためマニラに来ていたとき、私も懇親会に出席し、確かに、彼らと楽しくお酒を飲んだのでした。そればかりではなく、フィリピンのラジオ局ベ○タスの「貧しい者の生活」というプログラムに一緒に出演し、「外国人から見たマニラの都市貧困」というテーマで対談したのでした。
 さらにゆっくり話をしてみると、私たちは、マニラにもバンコクにも、日本の山谷や釜が崎にも共通の知人がたくさんいることが判明しました。すべてが糸で繋がった感じです。

 もうひとつ。一昨日の朝、家の前の大通りで、いつものようにFX(乗り合いタクシー)を待っていたら、
 「ねぇ、saging?」
との声。振り向くと、PULIS OYSTERのTシャツを着た路上掃除人のおばちゃん。
 …なんと、私が5年前に修士論文のためにインタビューさせていただいた、PA地区の住民リーダーのLおばちゃんでした。
 「Lおばちゃん…!?」
 「やっぱりsagingだった! ときどき見かけてたのよねぇ、この時間に。人違いだったら困ると思って声をかけなかったんだけど。」
なんとLおばちゃん、かれこれ2年近く、うちの前の大通りのPULIS OYSTERとして働いているとか。(OYSTERはOut-of-School Youth Serving Towards Economic Recoveryの略。2年半前に開始された、大統領府の雇用創出プロジェクトです。衝撃の参考画像はこちら…こんなユニフォームを着た方々が、街のあちこちで、8時から16時まで掃除をしてくださっているのです。ポイ捨て天国のフィリピンですが、おかげさまでロハス通りはいつもピカピカ。なお、"Out-of-School Youth"と謳っているのに雇用されているのは35歳以上とおぼしき方々ばかり。かなりいかがわしいプロジェクトではないかとの指摘が各方面からなされています。)
 それから、Lおばちゃん、掃除なんてそっちのけに、もう、しゃべること、しゃべること。PA地区のリーダーたちの様子、数々のNGOと決別した経緯、土地獲得運動のその後、左派団体への憎悪、2010年選挙への戦略…。30分近くも立ち話をしてしまいました。別れ際、
 「次は勤務時間外に、PA地区にお伺いしますから、もっとゆっくり、PULIS OYSTERについてお話を聞かせてくださいよ。」
と言うと、
 「きいてきいて! このプロジェクトもまた、いろいろ裏話があるのよ! 都市貧困層からの支持を集めるための大統領の戦略ね!」
…それ以上お話していると私も仕事に遅刻するので、そこでお別れしましたが、次回の再会が、とても楽しみです。

 人の縁というのは本当に不思議で、いろいろな偶然があるものです。
 P財団のスタッフの方からは、バンコクではうちにホームステイすれば?と言っていただきました。彼女はあまり英語を話さないので、彼女と一緒に住むとなれば私は是が非でもタイ語を勉強せざるを得ないから。とてもありがたい提案です。

 数え切れない人たちとの縁に恵まれていることに感謝しつつ、残されたマニラでの日々も、これから訪れる新しい場所での新しい日々も、そして明日からの日本滞在も、日常の小さな人間関係のひとつひとつを大切に生きていこうと思います。
[PR]
by saging | 2009-02-25 20:13 | フィリピン(全般)
“The System did not make us: we made the System.”
  「どんなに卵が正しく、どんなに壁が間違っていようと、壁の側に立つ」人間にだけはならないようにしようと思いました。いまの私はそれに限りなく近いので。

---------------
村上春樹のエルサレム賞受賞スピーチ(共同通信より)

Good evening. I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies.
Of course, novelists are not the only ones who tell lies. Politicians do it, too, as we all know. Diplomats and generals tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders. The lies of novelists differ from others, however, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling lies. Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics. Why should that be?

My answer would be this: namely, that by telling skilful lies--which is to say, by making up fictions that appear to be true--the novelist can bring a truth out to a new place and shine a new light on it. In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately. This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth-lies within us, within ourselves. This is an important qualification for making up good lies.

Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as I can. There are only a few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.
So let me tell you the truth. In Japan a fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came. The reason for this, of course, was the fierce fighting that was raging in Gaza. The U.N. reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded city of Gaza, many of them unarmed citizens--children and old people.

Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.
Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me-- and especially if they are warning me-- “Don’t go there,” “Don’t do that,” I tend to want to “go there” and “do that”. It’s in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed. They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands.
And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing.

Please do allow me to deliver a message, one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this:

“Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg.”

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will do it. But if there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?
What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.

But this is not all. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: it is “The System.” The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others--coldly, efficiently, systematically.

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on the System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I truly believe it is the novelist’s job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories--stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.

My father passed away last year at the age of ninety. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school in Kyoto, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the small Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying for the people who had died in the battlefield. He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike. Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.
My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important.

I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, and we are all fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong--and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others’ souls and from our believing in the warmth we gain by joining souls together.
Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow the System to exploit us. We must not allow the System to take on a life of its own. The System did not make us: we made the System.
That is all I have to say to you.

I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I would like to express my gratitude to the readers in Israel. You are the biggest reason why I am here. And I hope we are sharing something, something very meaningful. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today. Thank you very much.
[PR]
by saging | 2009-02-18 20:55 | その他
Unlimited Civil Society
 私の現在の職場での任期は3月31日までのはずだったのですが、諸事情により4月中旬まで契約が延長されることになりました。
 4月初旬にはフィ○ピン政治学会@ジェネラルサントスでの発表、4月中旬には某学会の関西地区例会にもエントリーしているのに、ここへきて予想外の「契約延長」。論文も学会準備も倍速くらいで進めないと、もう、間に合いません。一方で、最後まで職場の戦力になれるよう、中途半端なレイムダックにならずに最後までキッチリやりたいです。間違っても「シュガー社員」にはならないように、うまく頭を切り替えて、限られた時間を有効活用できるよう、がんばります。

 任務を解除されて日本に帰国した数日後に予定されている学会地区例会での発表は、盟友Wataruさんと一緒です。一緒といっても共同研究ではないので、それぞれに別のことを話すのですが、私たちの関心はとても近いので、聞いていただく方のためにも、お互いが何を話すのかを事前にある程度調整して「共通テーマ」を決めておこう、ということで、先ほど、マニラ某所の食堂で、マニラで調査中のWataruさんと話し合いをしました。
 久しぶりにお互いの研究内容について白熱した話し合いをして、厳しくコメントを入れあって、なかなか有益な時間でした。私の構想の論理破綻も明らかになって、かなりショックを受けましたが、早めに気づくことができて、良かったです。

 有意義な時間の後、「共通テーマ」を決める段になりました。キーワードは、フィリピン市民社会への批判的視点、中間層批判、左派批判、NGOからの離脱可能性、市民社会の対立、多元性、分裂、そして民主主義。発表内容をギュッとまとめたキャッチーなタイトルを作ろうということになり、私たちは、先ほどにも増して白熱しました。
 以下は、却下となったタイトル案のほんの一例です。

【パクリ系】
・フィリピン市民社会の実像と虚像
・フィリピン市民社会という怪物
・市民社会が世界を食い尽くす ←社会が世界を食い尽くすなんて…。

【大風呂敷シリーズ】
・フィリピン市民社会の大分裂
・フィリピン市民社会の大混乱
・フィリピン市民社会からの大脱走
・都市貧困層の大逆襲
・フィリピン市民社会の大暴走 ←暴走はどっちですか!?

【仮想敵に勝手に喧嘩売ってる系】
・フィリピン市民社会の再検討:中間層・NGOへの挑戦状
・フィリピン市民社会の再検討:中間層・NGO幻想への挑戦
・フィリピン市民社会の再検討:中間層・NGO神話解体

【主観が入りすぎ系】
・多元化しすぎるフィリピン市民社会
・フィリピン市民社会の過剰分裂

【小説系】
・スラムから見上げるフィリピン市民社会 ←本当に見上げています
・Slum, My Slum ←ニック・ホワキンの小説のパクリ

【社説系】
・フィリピン市民社会はどこに向かうのか
・フィリピン市民社会を立て直せ

【運動系】
・フィリピン市民社会:対立を超えて
・フィリピン市民社会:左派からの離脱 ←ただの右翼じゃん

【フィリピン研究者にしかわからないネタ系】
・フィリピン市民社会論再訪 ←コンスタンティーノ
・フィリピン市民社会の反乱 ←アゴンシリョ

【教科書系】
・新・フィリピン市民社会論
・新しいフィリピン市民社会
・たのしいフィリピン市民社会
・たのしい都市貧困 ←だって本当に楽しいから

【もう何がなんだかわからない系】
・市民社会と都市貧困層:怪物はどっち? ←どっちでもないよ!
・キミとボクの市民社会 ←二者関係を強調しようとしたらセカイ系に…いえ、シャカイ系?
・フィリピン市民社会Upside-down ←たまたま食堂にそういうメニューがあったから
・フィリピン市民社会:It’s not what you think! ←同上。思ってたのと違うよ~!って…
・Unlimited Civil Society ←たまたま食堂に通信会社のUnlimitedの看板があったから
・Unlimited Civil Society and Bottomless Urban Poor ←悪乗りしすぎ

 最終的には、まったく面白くもなんともない、フツーのタイトルに落ち着いたのですが、そこまでに軽く30分かかりました。もちろん、シラフです。真面目です。文化祭のテーマを決める生徒会、体育祭のキャッチコピーを考える応援団のような、アホで熱すぎるノリだけど、真面目です!
 時間の無駄? でも、こういう無駄って、そしてこういうアホな余裕って、本当に楽しいものです。毎晩、深夜までガツガツ論文を書いているとワーッとなって煮詰まってしまうけれど、こういう「あそび」があれば、うまくやっていけるような気がします。
 ちなみに、私が一番気に入っているのは、本日の投稿タイトルどおりの"Unlimited~"です。現状分析も、皮肉も内包しているはず。

 市民社会だけでなく、私たちの苦悩もいつもUnlimitedで、今夜もすでにけっこう煮詰まっていますが、でも、書くしかない!
[PR]
by saging | 2009-02-17 22:57 | フィリピン研究
フィリピンを思いっきり楽しむ旅
 この6日間、両親と末の弟がフィリピンに遊びに来ていました。母と弟はすでに5回目、父も3回目です。フィリピン大好き家族。いつも、旅の目的はショッピングとダイビング。我が家族の旅行は決して海辺のリゾート一辺倒ではありません。「ろくな観光スポットがない」、そして「治安が悪い」ことで有名なマニラにも必ず数日間滞在し、買い物を楽しみます。
 私は、自分の家族にはできるだけ「フィリピンのよいところ」を見てもらおうと(=悪いところを見せないようにしようと)、いろいろ計画を立てます。特に今回は、私のフィリピン赴任中の最後となる家族旅行だし、そこそこに貯金もできたし、ここらで豪華に親孝行しないと!と思って、この3年間に自分で開拓したり、友達に教えてもらったり、仕事で覚えたりした知恵を総動員して旅行スケジュールを組みました。
 そして実現した今回の滞在スケジュールはこちら。「豪華に」と書きましたが、こうして書いてみると、なんだか「庶民的」…。でも、皆さまの参考になれば、幸いです。

 1日目:マカティのランドマークとSMでショッピング。衣類(ポロシャツ、Tシャツなど)、カバン、靴などを購入。我が家族は特にSMが大好き。どれも、日本で買うことを考えるととても安いですから! うちの弟など、夏物はすべてフィリピンで揃えているくらいの勢いです。夕食は、Bubba Gumpのシュリンプ・レストランにて、エビづくし。このレストラン、私は10年くらい前にサンフランシスコで行って以来、大好きなのです。マニラ支店は、日本支店よりずっと安いですし…。

 2日目:セブパシフィックの朝便でマニラ→カティクラン空港→ボラカイ島へ。飛行機もたいして遅れず、ほとんど揺れず、たいへんスムーズに移動できたうえ、目の前に広がる海の色と、リゾート・ムードたっぷりのホワイトビーチに、俄然、心が浮き立ちます。ボラカイでは今回も、ホワイトブルーにお世話になりました。ダイブショップのスタッフお勧めの簡易食堂@ビーチでランチの後、父は昼寝、母と弟と私はダイビング。日本人ガイドさんのお蔭で、初心者の母も安心して潜ることができました。感謝。夜は、これまたダイブショップのスタッフお勧めのドイツ料理店。ビールが美味しかったです。その後、Dモールまで散歩。うちの両親は、夜のホワイトビーチの盛り場の雰囲気をすっかり気に入ったようでした。

 3日目:ボラカイにて、終日ダイビング。CAMIAⅡの沈船は素敵でしたし、ウミウシ好きのガイドさんのお蔭で、ウミウシがいっぱい見られて大満足です。お昼はダイブショップの近くのイタリアンでシーフードパスタとかなり美味しい薄焼きピザ、夕食はギリシャ料理店CYMAでチーズフォンドュやカニのパスタ。(CYMAは本当に美味しくて楽しい、お勧めのレストラン。マニラではすごい人気っぷりで、前回、家族が来たときにマニラでCYMAに行こうと思ったら、オルティガス店もマカティ店ももう予約が取れませんでした。) 両親、大満足。

 4日目:ボラカイ最終日。ホワイトビーチを端から端まで散歩したり、泳いだりして、ランチはダイブショップのスタッフお勧めのスペイン料理。フレッシュ・アンチョビと、イカスミパエリアがものすごく美味しかったです。ボラカイは本当に西洋料理のレベルが高いです! 感激しつつ、ZestAir(かつてのAsian Spirit)の午後便でマニラへ…の予定が、都合により飛行機がカティクラン空港に到着できないとのことで、バスに乗せられて1時間半のカリボ空港へ。2時間遅れでカリボからマニラに飛び立ちました。思いがけないバスの旅も、それはそれで楽しかったのですが、ZestAirったら、やってくれます(前回のSEAIRよりはましですが、やっぱり、セブパシフィックにしておけばよかった…。旅行の日程を決めたのが直前だったため、セブパシフィックが取れなかったのです。あ、ZestAirの機内サービスはZestジュースです、もちろん!) …マニラに着いたのが20時半だったので、サービスが早い我が家の近くのEMERALDで、安くておいしい中華をいただきました。

 5日目:大富豪の知人の好意で、朝6時半から彼のプライベート・ヨットに乗せてもらい、マニラ湾を3時間もクルーズ。カビテまで連れて行っていただきました。その後、我が家族の大好きなグリーンヒルズで5時間もショッピング! 母は、黒真珠やクロックスのバッグ(クロックスの靴そっくりの素材、そっくりのデザインのバッグ…あんなの、本当にあるのでしょうか?)を買っていました。昼食はマニラのイタリアンの中でもピカイチに美味しいCIBO(デザートのティラミスもお勧め)。その後、我が家の近くのロビンソン・デパートでさらにショッピング、というかモーリング(malling :たいしたものを買うわけではないのにモールをぶらぶらすること)。夜は近くのステーキハウス。2月14日のディナータイムなんてカップルばかりかと覚悟していましたが、バレンタインの夜にファミリーディナー、というのはフィリピンでは大いにアリのようで、前菜やシャンパンのサービスもしてもらいました。

 6日目:10時の開店を待ち構えて、SM Mall of Asiaへ! またしてもモーリング。うちの家族ったら、本当に、フィリピン人みたい。1時間くらいぶらぶらして、小龍包のものすごーく美味しい点心のお店で早めのランチ後、すぐに空港に向かい、出国を見送りました。

たいへん楽しい6日間でございました。お世話になった皆様に感謝。そして、両親が健在で、こうして家族旅行ができることに感謝。お休みをくれた上司にも感謝です。
[PR]
by saging | 2009-02-15 21:05 | フィリピン(全般)