「ほっ」と。キャンペーン

Keso de Bola とは、 「表面は赤いのに中は黄色い」フィリピンのボール型チーズ。転じて日和見主義者。       かつてお世話になった、現地の言葉で「灯台」と呼ばれるマニラ湾岸のスラムを、ガラス越しに。
管理人sagingより
ホームページ:日和見バナナ

ご連絡はsaging[at]46ch.netまで
以前の記事
検索
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
7ヶ月
赴任2ヶ月目にBlogを更新して以来、はや半年ほどが経ってしまい、気がつけばすでに赴任から7ヶ月が経ってしまいました。あまりにBlogを更新しないので心配してくださった皆様、申し訳ございません。忙しくて時間がないといったわけではなくて、単に私が怠惰なだけなのです。

この7ヶ月というもの、仕事はとても楽しく、上司は尊敬できる魅力的な方ばかりで、環境に恵まれ、幸せに過ごさせていただいてきました。「この世界」になかなか適応することができず、せっかく買った自家用車をドライバーごと他の人に譲って公共交通で通勤するようになり、ランチタイムには皆さんと一緒に日本食の日替わり弁当の出前を頼むより近くのカンティーンのほうが性に合っており、水道の生水は飲むし、エアコンを使わないので電気代が月に200ペソを切って管理人さんに怪しまれれ、週末は相変わらずスラムを徘徊し、知り合いがいっぱいのディビソリアやキアポの露天商で買い物をし、身元を隠して政治的集会に出席し…
…と、相変わらずこっそりとやんちゃしておりますが、以前よりはずいぶん慎重に、保守的になったはずです…。上司や職場やそれに関係するもろもろの方面に迷惑をかけるわけにはいきませんから、特に通勤中の身の安全には、かなり気をつけるようにしています。

現在は、この週末に東京で開催される第1回国際フィリピン研究会議アジア地区日本大会(http://www.d1.dion.ne.jp/~zmackey/PSCJ2006japanese.html)のため、忙しい時期に無理やりに休暇をいただいて、少しだけ日本に帰ってきています。大会が終わったらすぐにマニラに戻ることになりますが、フィリピン研究者の先生方、先輩、そして友人たちに会えることが楽しみでなりません。
[PR]
by saging | 2006-11-10 00:59