Keso de Bola とは、 「表面は赤いのに中は黄色い」フィリピンのボール型チーズ。転じて日和見主義者。       かつてお世話になった、現地の言葉で「灯台」と呼ばれるマニラ湾岸のスラムを、ガラス越しに。
管理人sagingより
ホームページ:日和見バナナ

ご連絡はsaging[at]46ch.netまで
以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
借金
突然だが、最近、フィリピン人の友人にお金を貸した。相手のほうから貸してくれといってきたわけではなく、私のほうから
「これはとてもセンシティブな問題で、このことであなたのプライドを傷つけたくはないけれど、私はあなたにお金を貸してもいいと思っている」
と申し出たのだ。
彼は家族のためにお金を必要としていた。彼を無防備に信頼している私は、彼の家族にはまだ一度しか会ったことがないにもかかわらず、まとまった額のお金を貸した。
彼の名誉のために、彼はきわめてまともな人で、すでにフィリピンを出て外国で働き、大家族のために送金をしている。私はただ彼の友人として、彼の弟の一人が日本に来て働くことができるようにと取り計らっている(私には何の権力もないけれど、今の自分の仕事の範囲内で小さな取り計らいをすることくらいはできる)。その弟には健康上の問題があって、日本での仕事に応募する前にまず手術を受けなくてはならない。今回、私はその手術費用を貸したのであった。

私はその友人に、私が日本からマニラにいる彼の弟に直接送金をすることを提案した。東京と大阪にはメト○バンクというフィリピン資本の銀行の日本支店があり、そこを通じてフィリピンのメト○バンク各支店に送金すると、手数料は2000円で済むのだ(送金先の相手がメト○バンクに口座を持っていなくても送金は可能)。三井○友やU○Jなどの日本の銀行からフィリピンに送金をすれば約4000円強の手数料がかかることを考えると、これは大きなメリットである。

しかし彼はそれを拒否してこう言った。
「手数料がかかってもいいから、マニラではなく、まずは僕の(いまいる国の)銀行口座に送金してほしい。僕はそのお金を、弟の手術の直前にマニラに送金する。はっきり言って僕は、そんな大金を弟に持たせたくはない。彼らは、金を手にするとすぐさま使ってしまう。フィリピンでは、ある人が金を持っていると知ると、皆がその周りに寄ってたかって、金はあっというまに消えてしまう。それが、僕がマニラに帰省したときの苦い経験だ。」
私は手数料が二倍にかかることを主張したが、彼は言う。
「弟やうちの家族が君の金を浪費してしまうリスクに比べれば、手数料を払うほうがましだ」

これらのやりとりを通して彼の実直さをますます信頼するようになった私は、日本のCI○YBANKから彼の口座に送金することにした。(余談ながら、家族以外の人に海外送金をするならCI○YBANKのオンラインバンキングが2000円ともっとも安い。ただし、CI○YBANKに一定額以上の貯金を持っていることが条件である。私は奨学金の半分をCI○YBANKに入れているので、幸いなことにそのあたりは問題がない。ちなみに家族への送金ならカード送金がもっとも便利でお得だと思う。)

私は彼に言った。
「どうか私に対して恥じないでほしい。私は時に、通訳として接している研修生にもお金を貸している。あなたもわかっているように、結局のところ、私の給料は、彼ら研修生の働きからきているのだから。」

数日後、私は自分が通訳として接している研修生に、これまたまとまった額を貸すことになった。それはすでに通訳という私の仕事の範囲を超えた行動であり、よくないことであるとはわかっていた。にもかかわらず、私はそれをせずにはいられなかった。一度しか会ったことのない「友人の弟」にお金を貸すことができるのに、どうして、頻繁に会う研修生にはそれができないのか、と、「天の声」がそう言ったのである。家族のためにお金が必要だとぼやくその研修生に、私は、返ってこないかもしれないと思いながらも、即座にATMからお金をおろして握らせていた。

私はマニラで何人もの人にお金を渡したし、貸した。返ってきたこともあるし、返ってこなかったこともある。そもそも返ってこないだろうと思って貸したこともある。いつも、私が「貸せる」立場にあるということが、私を弱くさせる。私はやましいことをしてお金を手にしたわけではなく、きちんと働いてお給料をいただいているのだから、このお金はたぶん、私のものである。どう使おうが私の自由だし、人に金を貸さなくてはならないという義務はない。
それでも、私はそうせざるを得ないのである。規則やロジックを超えて。あるだけのお金を浪費家の家族や知人のために使ってしまう彼らの心に、乞われるままに金を貸してしまわざるを得ないフィリピンの人たちの気持ちに、私は、多少は近づけるのだろうか。


<追記>その研修生は、2ヶ月後の給料日に全額を返してくれましたよ。
[PR]
by saging | 2005-07-31 00:58 | フィリピン(全般)
貧困であるということ
フィリピンの政情が、きわめて不安定なことになっている。
ロンドンの同時多発テロよりもフィリピンの政局ニュースが気になって仕方がない。こういうのはよくないとわかっていても、私は、ロンドンはおろか、ヨーロッパ地域に行ったことがないのだ。TVで流れるロンドンの人々の声を聞いても、まるで実感がない。イラクのニュースに実感が涌かないのと同じだ。2001年9月11日は、2台目の航空機がツインタワーに追突するのをあの晩ニュースで見てから何日も眠れなかったけれど、それは、私がニューヨークに行ったことがあるという、ただそれだけの理由によるものだったのだろうか。想像力の貧困。私は結局、自分の見知っている世界の出来事しか知ろうとしていないのだ。

それにしてもフィリピンの政治的混乱はひどいもので、私は毎日、フィリピンの各紙のウェブサイト(たとえば http://www.inq7.net/  でも、英字紙のみ。フィリピンにいるときは目に付いたタブロイドを毎日路上で買っているけれど、日本にいるときはめったにタブロイドを読まない。専門は都市貧困層の政治なんて言っているくせに、もう、ここですでにバイアス。しかも、ウェブサイトだなんて。都市貧困層がウェブサイトで新聞を読むものですか!)をチェックするだけで時間を費やしている。この一連の事件は、日本でも報道はされているけれど、決して大きくではない。私は自分の職場にも「いまフィリピンは国家の非常に重要な側面を迎えている、今月が山場だと思います」と伝え、大統領家族のフエテン疑惑と大統領の選挙不正疑惑をめぐる一連のニュースを解説しているけれど、フィリピン担当の上司にさえ、あまり理解されない。「もっと明るいニュースはないんですか」と言われても、残念ながらこの1ヶ月はそのニュースしかありません。ペソだってどんどん下落しているのに(そもそも円安だけれど)。
今年の施政方針演説(State of the Nation Address)は7月25日。アロヨ大統領はおそらくその前に辞任するか、あるいは辞任に追い込まれるかではないかと思う。ピープルパワー4なるのか。
こんなときにも、冷静に事態を観察するというより、どちらかというと、高揚した市民の気分で主観的に事態を眺めている自分に気づき、はっとする。私の携帯電話のいまの着信音は”Hello, Garci”(PCIJのウェブサイト http://www.pcij.org/blog/ から入手)だし、もしいまフィリピンにいれば、私は間違いなくラリーに参加しているだろう。ものすごい主観。ものすごいバイアス。しかもそれが最貧困層の視線ではなく、NGOや左派の活動家の方にそれに近いものであることが、もはや絶望的である。
仲の良かったCommunity OrganizerたちやNGOのスタッフたちがいまどこのグループでどんな行動をしているか、私は知っている。彼らからメールで教えてもらう事柄は、私の予想とあまり違わない。よほど知りたければ、彼らに電話して率直に
”Kuya! Ano sa tingin mo, ano sa ginagawa nyo ngayon!” (ねえ、あなたはどう思うの、いまあなたたちは何をしているの)
と聞けばいいのだ。

他方で、アロヨ派だったP地区の住民組織のリーダーたちや、PA地区のエストラダ派の人たち、そしてPA地区でエストラダ派から見事にアロヨ派に寝返った人たちが、いまどうしているのか、私には見当もつかない。彼らのうちの何人かは携帯電話や固定電話を持っているけれど、まさか、日本から突然に電話して
”Tita! Ano po sa tingin nyo kay Gloria, sumasama nap o kayo sa rally?”(ねえおばちゃん、アロヨをどう思います? みなさんはラリーに行ってるんですか?)
などと聞くわけにはいかない。いや、聞けば教えてもらえるだろうが、私はそんなことをすべきではない。私は、フィリピンに行って、またあの場所に住むべきなのだ。実際、私は2週間前に、P地区の住民組織リーダーの「おばちゃん」に電話をかけた。「おばちゃん」は、
”Eh, Saging, ang gulo! Punta ka sa Pinas ngayon, agad. Sama ka sa amin. Sama ka!”(Saging, 無茶苦茶なんだから。あなた、すぐフィリピンに来なさい。私たちと一緒に!)
とおっしゃる。
彼らはまた、バスでラリーに動員されている(hakot)んだろうか。今日も近所で誘い合ってラリーに行くんだろうか。私もよく誘われた。あの地域に住んでいたときは、それこそ、朝の3時とか4時とか、もう、とんでもない時間に、ラリーの誘いで眠りから起こされた。
私に想像できるのはせいぜいその程度。私はあそこで暮らしたのに、あんなに話をしたのに、そして、私は日本で「都市貧困層の政治意識」などという言葉を軽々しく使っているのに、結局、私の心は彼らのところにはないのだ。そういえば、2004年選挙を追いかけていたときに私が一緒に居させてもらったのは「活動家」レベルの人々ばかりで、本当の都市貧困層ではなかった。先週末のフィリピン研究会全国フォーラムで何人かの方がきわめて率直に批判してくださったように(本当に感謝しています)、私は結局、貧困層を美化しているだけであって、彼らの立場で何かを言うことなどできはしないのだ。私は確かにスラムに住んでいたことがある。私はそこで、洗濯板を使った衣類の洗いかたや、ゴキブリの殺し方や、どぶねずみの射止め方や、お金のかからない調理法を学んだ。しかし、私は彼らの政治意識については結局何も学ばなかったのかもしれない。または、美化しすぎていたのかもしれない。彼らが、権力のある誰か(左派かもしれないし右派かもしれないしIssue-basedの組織かも知れない)のに操作されて動員されていたのはきっと事実で、ラリーのたび、たくさんの人が「お金目当て」または「昼食目当て」に動員されていくのも事実なのだ。

私はもう博士後期課程の院生(政治学)で、怖れながら「都市貧困地区の政治」を研究テーマにしている。そして、私の仕事は日本に来ているフィリピン人の「研修生」の通訳である。仕事柄、日本に居ながらにして、多くの都市貧困地区出身の「研修生」と日常的に接触する。私はいまの研究テーマが好きで、そして、いまの仕事が好きだ。

私はどうすることもできない。先週末のフィリ○ン研究会では、親友であり都市貧困研究の先輩であるWさんと友人の武母威と一緒に発表をさせてもらって、そして山谷に泊まった。そこで私は、自分が、1)日本で生まれ育った人間であり、2)中間層出身であり、3)女性である、こと(ある意味でそれは限界である)を思い知らされることになった。そのときのことはいつか別途書こうと思う。
[PR]
by saging | 2005-07-10 02:06 | フィリピン研究
研究会前日
明日はフィ○ピン研究会全国フォーラム@神奈川大学。今日の午後、私はWさんと東京で合流し、成田空港に武母威を迎えに行く。

研究会で今年も報告を希望させていただこうと決めたときから、そのことがいつもプレッシャーとなっていた。どんどん発表してどんどん投稿しないと、あっという間に時間が過ぎてしまうだろう。フィールドから離れているあいだにしかできないことを、と思っているうちに1年くらいすぐ経ってしまう。ちゃんと本を読んで、ものを書いて、口頭発表できるように訓練しておかないと…と思うのだけれど、それにつけても、昨年のこの時期にこの同じ研究会で、修士論文の題材にしたマニラ市PA地区について発表をさせていただいたときのことが思い出されてならない。あのあと2週間も、私は修士論文を進めることができなかった。私は、自分がPA地区の「あの人たち」を「材料」にして利益を得たのだという強烈な罪悪感を覚えざるを得なかった。何の解決もないことがわかっている、不毛な罪悪感。

今年、私はもう少し進歩しているのだろうか。
God Bless Us.
研究会のアレンジをしてくださっているすべての方々に感謝して、がんばります。
[PR]
by saging | 2005-07-01 00:13 | フィリピン研究