「ほっ」と。キャンペーン

Keso de Bola とは、 「表面は赤いのに中は黄色い」フィリピンのボール型チーズ。転じて日和見主義者。       かつてお世話になった、現地の言葉で「灯台」と呼ばれるマニラ湾岸のスラムを、ガラス越しに。
管理人sagingより
ホームページ:日和見バナナ

ご連絡はsaging[at]46ch.netまで
以前の記事
検索
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フィリピンで自家製ヨーグルト
 ここ数ヶ月、暗~く研究のことばかり書いていたので、たまには明るいマニラ生活のことも。

 日本には、実にさまざまな種類のパックヨーグルトが普及していて、しかも安価ですが、フィリピンではヨーグルトの普及率が驚くほど低く、スーパーに行っても、多国籍企業ブランドのとても高価なものしかありません。それも甘すぎるし。
 数年前にフィリピン大学に留学していたとき、知人の日本人の方から「カスピ海ヨーグルト」をコップに一杯分けていただき、「煮沸消毒した容器にミルクを入れて40度程度に温め、ヨーグルトの種を入れてかき混ぜ、一晩常温で置くとすべてがヨーグルトになる」と教わり、やってみましたら、本当にできました! しかし種菌は1ヵ月後に死んでしまったようで、それ以上増やすことはできませんでした。以後、新しい種菌やヨーグルト製造機を買おうかと思ってインターネットで調べたこともあったのですが、どちらも高いので諦めていました。
 しかし昨年、日本に一時帰国したとき、「BIO」というパックヨーグルトを知りました。あのときのカスピ海ヨーグルトを思い起こさせる強い粘性に、「もしかしたらこれは増やせるかも?」と思い、保冷バッグに入れてマニラに持ち帰り、沸騰消毒した容器にミルクを入れて40度程度に温め、BIOを入れてかき混ぜ、一晩常温で置いてみました。
 すると見事に、おいしいヨーグルトができたのです!

 横着な私は、煮沸消毒が面倒なので、お湯と洗剤で洗っただけの容器でやってみましたが、結果は同じ。賞味期限が2ヶ月くらいのLong Life(かつLow Fat)の一番安い常温販売のミルクをタッパーに移し、電子レンジで1分くらい加熱し、だいたい40度くらいになったかなと思った時点でヨーグルトを二さじくらい加えて混ぜて眠りにつけば、だいたい6時間くらいで固まるようで、朝にはちゃんとできています。大雑把すぎますが、本当にできちゃうのです!
 フィリピンの年間気温が、ヨーグルト菌の発酵に最適なのでしょうか。それとも、BIOの菌が特殊なのでしょうか。4ヶ月くらい経つとさすがに菌が弱ってくるのですが、その都度、知人に日本から新しいBIOを買ってきてもらって作り続けています。
 おかげで、私は毎朝ヨーグルトを食べることができます。そのままで食べてもおいしいですし、カラマンシーを絞ったり、マンゴやパパイヤなどのフレッシュフルーツを加えたりしてもおいしいです。一番のお勧めは、マンダルーヨン市の某メーカーのカラマンシー・ママレードやラム酒入りマンゴー・ジャムを混ぜて食べることです。ここのジャムはフィリピン製品に珍しく甘さ控えめで、抜群においしいのです。朝からリッチな気分になれます。
[PR]
by saging | 2008-07-30 21:51 | フィリピン(全般)