Keso de Bola とは、 「表面は赤いのに中は黄色い」フィリピンのボール型チーズ。転じて日和見主義者。       かつてお世話になった、現地の言葉で「灯台」と呼ばれるマニラ湾岸のスラムを、ガラス越しに。
管理人sagingより
ホームページ:日和見バナナ

ご連絡はsaging[at]46ch.netまで
以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
25歳
もうすぐ、私は25歳になる。
先週の土曜日は、日頃より私が御仕え申し上げているフィリピン人たちと一緒に過ごした。今週末になればもう、差し迫るフィ○ピン研究会の準備のため一歩も家を出られない状況になるだろう私のため、彼らは私の誕生祝を先にしてくれた。一日違いで誕生日を迎える研修生と一緒に、フィリピン料理を作って食べて、DVDを観て、歌って・・・そして例によって、尋常ではない量のテキーラをtagay-tagay(回し飲み)し、今度こそ私は帰れなくなった私は、もう一人の通訳の同僚(フィリピン人と日本人のダブルでマニラ育ち、漢字にはめっぽう弱いけれどディープ・タガログには強い、素敵なパートナー。同時に、私と同じくらいアルコールに強く、しかも私と同じくらいtagay-tagayが好きな単なる悪友)と一緒にその場で夜を明かすことに・・・。

中学・高校時代に一緒にNGOで署名活動なんかしていた友達はみんな次々と結婚して母になっていくというのに、私はなんという25歳の迎えかたをしているのだろう。親は
「もう25なんだから、フィリピン人でも誰でもいいから早く嫁にもらってくれる金持ちを探しなさい!(でも、貧しい大家族のフィリピン人はだめよ!)」
と言うし、そりゃ私もできれば経済的に安定した人とできるだけ早く結婚して、子供ももうけて、自分もよい収入を得て、セブ島かラグナ州に両親のための別荘を買って、日本の冬の間はそこで過ごしてもらって、優しいメイドさんと有能な介護士を(私の知り合いのフィリピン人の中から)つけてさしあげたい。(いや、決して両親の介護を他人に頼もうという意味ではありません。)
自分の1年後はおろか、2週間先の研究会のことすら思い描けず、tagay-tagayしては今夜無事に帰宅することもままならなくなくなる私だけれど、そんな夢ならいつも頭の中に描ける。不思議なものです。
[PR]
by saging | 2005-06-21 20:15 | 外国人技能研修生・実習生