Keso de Bola とは、 「表面は赤いのに中は黄色い」フィリピンのボール型チーズ。転じて日和見主義者。       かつてお世話になった、現地の言葉で「灯台」と呼ばれるマニラ湾岸のスラムを、ガラス越しに。
管理人sagingより
ホームページ:日和見バナナ

ご連絡はsaging[at]46ch.netまで
以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マニラ到着
 イースター・サンデーを控えた土曜の夜、フィリピンに到着しました。

 初めて、全日空便を利用。マニラに到着して、少し見ない間に空港ずいぶんきれいになったなーと思ったら、ターミナル3でした。セブ・パシフィック以外も運航しているのですね。
 空港で偶然、友人のTさんとに遭遇。「自分探しの旅」ってからかわれました。違いますって!

 空港からの道すがら、マニラの夜の暗さに、驚きました、こんなに暗かったのですね。東京が明るすぎるのですが、それにしても。バンコクよりはるかに暗いです。特にオスメーニャハイウエイ(国鉄線路沿い)、真っ暗で怖すぎます。
 あと、道を歩いている人たちの服装がカジュアルすぎることにも驚きました。久しぶりに見た、チネラス(ゴム草履)にだらだらのTシャツ・短パンスタイル。バンコクの人はこんな格好で外を歩きません。やっぱマニラって、違いますね。初めて来る人は、けっこう怖いことと思います。

 古き良き下町Sta Anaにある、今年1月に100歳のお誕生日を迎えたJessie Lichauco叔母さまの邸宅にお世話になっています。かつて、1年くらい住まわせていただいたおうちです。オバマ大統領夫妻のサイン入りのお誕生日カードがテーブルの上にごく当たり前のように置かれているようなおうちです(在フィリピン米国大使を通じて届けられたそうです)。

 ラジオからはイエスの復活の意味を説くフィリピン訛りの英語が流れていて、パシグ川の遠くのほうで爆竹が鳴り、ジープニーかトライシクルの音が響いています。
[PR]
by saging | 2012-04-08 01:42 | フィリピン(全般)